血管年齢が若いが大切

見た目が老けたなら肌のケアをしようとします。
体力が衰えた感じたら運動を心がけようとします。

このように体感できる老化に対しては改善をこころがけるのに対し血管老化のような実感が伴わない老化に対しては多くの人が積極的になれません。

血液検査の結果や病気の兆候を感じた時、最悪の場合病気を発症してから、血管の劣化を感じる方が大半です。

実際のところ、日本人の死亡原因の上位を占めている、心疾患と脳血管疾患、どちらも血管劣化に伴う血液の流れが悪くなったのが原因で起こる病気です。

血管も体と同じように老化し、加えて生活習慣により劣化が加算されます。
つまり、血管年齢が実年齢より若い状態であるのは健康の証拠であり、病気発症のリスクを下げるのにつながります。

血管年齢を若返らせるには?

血管年齢を若返らせるなんてできるのでしょうか?

以前は一度老化した血管は元には戻らないと言われている時代もありましたが、最近の研究では血管の若返りは可能とされています。

よって大事なのは、加齢以外の原因による血管の老化を止めるようにします。

方法の一つにサラサラの血が流れていれば、血管が傷つくのは最小限で抑えられます。
血管がドロドロだと血管に傷がつくリスクは高まります。
傷は老化を加速する原因になるため、すでに老化し始めた血管こそサラサラの血液にするのが早急の課題です。

血管年齢が高い原因は?

血管年齢が高い原因は血液がドロドロの原因と重なる部分が多くあります。

・脂質の数値が高い
・血糖値が高い
・肝臓の数値が高い
これらは過剰摂取により、体内で消費・分解されず体内にとどまっているのが原因で数値が高くなります。

さらに、これらが血液の中に多く含まれる血液は流れにくいドロドロな状態なので血管にかかる圧力が高くなり血圧が高い状態となります。

さらに、血圧を高くする原因として喫煙・ストレスがあります。

血管年齢と高血圧の関係

血圧が低い人の方が血圧が高い人より長生きする傾向があるのをご存じでしょうか?
短命県と言われた長野県が県全体で塩分摂取を減らし血圧を全体的に下げるのに成功した結果、長命県となったのもあり血圧を下げるのが健康維持に大事だと証明されています。

なぜ、血圧が命の長さに直結する原因になるかというと、血圧が高い状態は低血圧より24時間つねに血管に大きな負荷がかかっているのを意味します。
これは、より血管の老化を早める原因となるので低血圧よりも血管年齢を上げてしまいます。

血管年齢を簡単にセルフチェックする方法

病院で調べれば、確実な年齢が出るのですが、お金も時間もかかるので手軽にチェックする方法があります。

血管年齢を加速する理由は大きく分けると2つ
生活習慣とストレスの度合いです。
これに加え、血管に関連する自覚症状がないか、遺伝的な原因はないかをチェックするとおおよその年齢がわかります。

『生活習慣』
・外食やレトルトや弁当が食生活のメインである
・喫煙する
・運動不足

『ストレス』
・仕事に対してまじめで責任感がある
・時間は常にチェックしている
・物事にイラつく事が多い

『自覚症状』
・冷え性
・動悸
・血圧が高い
・コレステロールが高い
・しびれを感じる部分がある

『遺伝的要素 』
・家族に心疾患や脳血管疾患になった人がいる

これらのうち、4個までなら年齢相応
8個以下なら実年齢プラス10歳
それ以上なら実年齢プラす20歳のおそれがあります。

edは血管劣化のサイン

男性器に走る血管はヒトの血管の中でも極細です。
よって、血管の流れが悪くなると影響を受けやすいと言えます。

勃起は血液が海綿体の中に大量に流れ込み陰茎が硬くなるため血液の流れが悪くなるとEDの症状が出ます。
よって、勃起不全は血管が詰まりやすくなっている可能性があります。

本気の血管年齢測定検査

病院で行う血管年齢の測定は血圧測定、心音測定、心電図測定を同時に行える装置がある病院なら測定可能です。

心電図の検査を受ける容量で行われ約5分で終わる痛みのない入院も必要ない検査です。
検査結果も30分程度で判明します。

尚、この検査は保険適用外なので全額自己負担です。
自由診療のため病院により金額は異なりますが、4000円~5000円が相場になります。

血管年齢検査 abi

ABI検査とPWV検査は、動脈硬化の具合を調べる装置です。

動脈硬化の進み具合は血管の劣化の進み具合と比例するため、動脈硬化の数値を調べるのも血管年齢を知るのにつながります。

この検査により、脳梗塞、脳出血、狭心症、心筋梗塞の予防だけでなく、大動脈瘤、大動脈解離、腎硬化症の可能性を早期に発見できます。

血管年齢を指先でチェックする測定器の精度

最近よくみかけるようになった指先で血管年齢がチェックできる機械は1回200円程度で血管年齢が出ます。

200円ならばとやってみた事がある方も多いかもしれませんが、あの機械で出される血管年齢の信ぴょう性はどうでしょうか?

指先を入れるだけで血管年齢が測定できる機械は加速度脈波と言う指先の血液の流れを測定して血管年齢を算出しています。

早くて手軽な装置ですが誤差が出やすいというデメリットがあります。

例えば指先が冷えていると当然血液の流れが悪くなって血管年齢は上がります。
逆に息が上がっている時は血液の流れが速く血管年齢は下がります。

あくまでも参考程度の数値と思っておきましょう。

血管年齢測定アプリの精度・信憑性

血管測定アプリは無料があります。
画面に指をかざして測定するため、信頼度は低いですが、無料なので気軽に測定できるメリットはあります。

血管年齢測定 (Stress Scan Inc.)あてにならない?

53歳で8歳の測定結果が出た方がいるようで、ありえない・・との評価
レビューも3.3ですので、信ぴょう性に問題ありそうです。

ipad・iphoneで測定するiHaertアイハート

測定のために指に挟むクリップ(デバイス)を購入する必要があります。
購入価格はアマゾンで24840円
購入後、クリップと連動するアプリをダウンロードすると血管年齢を日々記録していけます。

amazonで販売されている血管年齢器

アマゾンでは指先につけるタイプの血管測定器として販売されているのはアイハートのみです。

似たような商品はありますがリラックス測定器として販売され医療用ではありません。

血管年齢を加速度脈波で計測する医療機器

手軽だけど精度が落ちるという印象の強い加速度脈波ですが、加速度脈波でも医療機器として利用されているものは高性能な物もあります。

手軽にPC上でデーター管理ができるため、高血圧症や糖尿病・脳梗塞などの動脈硬化関連疾患の経過管理として医療現場で使用されています。

年齢相応の血管年齢になる生活習慣とは?

年齢相応の血管になるには、『生活習慣を整えながら運動する』という、とても基本的な生活パターンの継続です。

ただ、昔よりストレスが溜まりやすくなった現代はストレス解消というプラスαのリラックス状態を作り出すのも必要でしょう。

血管年齢の若返りに正常な血圧に近づける事はかかせません。

血管年齢を下げる食事・食べ物

血管年齢を下げる食事は肥満気味の場合はダイエット食にするだけでも効果的です。
理由は、肥満気味の血液はコレステロール値や血糖値が高いから。
ダイエット食にすると油控えめ、糖分控えめの食事になるのでコレステロール値や血糖値が下がり、血液のドロドロが薄くなる分、血圧も下がり、血管老化の原因が減るからです。

納豆

血管の劣化を直接的に抑える食べ物としては、納豆がおすすめです。
納豆の粘々の原因ナットウキナーゼが血管にへばりつく血栓を溶かす作用があるからです。

生姜 黒酢

体に良い生姜と黒酢、食材としての愛称も良いため生姜黒酢を使ったレシピもクックパッドなどでたくさん紹介されています。

ミネラル・ビタミン・アミノ酸が豊富で体を温める調味料として家で作っている方も多いようです。
炒め物に黒酢生姜を加えるだけでコクが増す上に体に良いとなれば、常備したくなりますよね。

レモン酢

レモン酢は血管の酸化を防止する作用があるからです。
酸化=老化ですからレモン酢も直接的に血管の老化を抑える食べ物と言えます。

エゴマの葉・えごま油

TVで放送されて時は翌日売り切れのため店頭から消えてしまうほどニキのある『えごま油』でしたが、最近は人気も落ち着いています。
そんな、えごま油が人気になった理由は豊富に含まれるα-リノレン酸、α-リノレン酸は青魚に豊富なEPAに匹敵するほどの血管若返り効果があるからです。

オリーブオイル

植物性の油オリーブオイルにはオレイン酸が豊富に含まれています。
オレイン酸は悪玉コレステロールを抑制する働きがあるため、ドロドロの血液がもたらす血管の傷や血栓ができるのを予防します。

ココナッツオイル

モデルが飲んでいると話題になったココナツオイル最近は人気も下火ですが、ココナツオイルは中鎖脂肪酸ができているオイルなので善玉コレステロールを増やすだけでなく、便通を整えたり、ダイエット効果もあるオイルです。

ダイエット自体が血管の劣化を抑制するのに良いためココナッツオイルは積極的に摂りたいオイルですね。

魚油に含まれる DHA・EPA・オメガ3

オメガ3はα-リノレン酸などの脂肪酸の総称です。
体内で作り出せないオメガ3は食べ物で摂取する必要があり、特に青魚に多く含まれるオメガ3は昔の日本人の食卓には頻繁に出ていたのですが、最近は魚を食べる量が減ったため、日本人全体がオメガ3の摂取が減っています。

日本人の死亡率が高い心疾患を予防するためにももっと魚を食べようという運動が広まっています。

ブルーチーズや粉チーズで血管年齢が若返るって本当?

テレビ『ジョブチューン』の特番『TVを観ながら病気の危険度チェックSP』でブルーチーズが血管年齢を若返らせる食材として取り上げられ『ブルーチーズ』が話題となっています。

番組内で血管を若返らせるには血管内の一酸化窒素を多くする必要があり、一酸化窒素を多くする成分LTP(ラクトトリペプチド)が
ブルーチーズやチェダーチーズに多く含まれているからという事でした。

ちなみにブルーチーズやチェダーチーズの1日の摂取量は30gです。
おなじみのホイルに巻かれたベビーチーズが1個15gなので約2個分です。

血管年齢を下げる飲み物

お酢ドリンク

大手お酢メーカーミツカンが飲むお酢に力を入れ多数の商品が販売されています。
実際飲んで見ると、冷えたお酢ドリンクはお酢とは思えないほどおいしく甘味もあり子供でも飲めるくらい美味しく続けやすい健康飲料です。

血管年齢と生活習慣病の関係

肥満・高血糖・高脂血症・高血圧は生活習慣病の象徴というべき病気です。

これらの病気にかかってもよっぽどひどくならない限り症状はでないので病気を発症するまで何も対策をしなかった、または血液検査で異常な値と知っていたが、苦痛となる症状が出なかったので放置していたという人もいます。

しかし、症状が出ないだけで実際はすべて血管に負荷をかける病気です。
つまり、病気を発症した時は血管の破裂、最悪、死に至る危険性の高い病気ばかりです。

しかも、これらは、1つだけ発症するのではなく、2つ3つ、実は全部、重複して発症しているケースが多く、血管にかかる負荷は健康体の倍以上になるため本来は恐ろく血管を老化させている病気だと知っておきましょう。

血管年齢を上げる飲み物アルコールの飲酒は控えよう

適量は薬と言われる部分もあるアルコールですが、肝臓にとっては毒ですから、アルコールが体内に入ったらアルコール分解のために活発に働きます。

よって、飲みすぎは肝臓をアルコール分解にばかりに使うため、コレステロールの分解が行えず、肝臓にコレステロールが蓄積していきます。

徐々に血液のコレステロール値も高まります。
よってアルコールの飲みすぎは血管老化を促進する原因になります。

運動不足は命取り!運動で血管年齢を改善

運動と言っても激しい運動である必要はありません。

血管年齢を若返らせるための運動の目的はカロリー消費と血行促進だからです。
カロリー消費は血液内の血糖値やコレステロールの消費につながります。
さらに、運動を行うと血液の流れが良くなります。
血液の流れが良くなると一酸化窒素(NO)が増え、一酸化窒素には血栓を抑える働きがあるからです。

タバコ喫煙

タバコを止めるだけで血管の老化はかなり抑制できます。
それは、一服吸う度に血管が急激な収縮を起こしているからです。
収縮は血管に強い圧力をかけるため血管老化を加速します。

血管年齢のためのサプリ

血管の若返りは血液のコレステロール・血糖値を下げる方法、血栓を溶かす方法、血管の酸化を防止する方法など様々な方法があります。

黒酢サプリ

黒酢のように濃いお酢は体によさそうなのはわかっているけど飲みにくいため、多くのメーカーがサプリメントとして販売しています。
価格も安いため、飲みにくさが原因の黒酢はサプリメントなら手軽に毎日続けられると人気です。