オルニチンは肝臓の働きを強化することで疲労回復を促す成分として非常に注目を浴びています。
特にお酒を好まれる方には嬉しい成分で、肝臓で行われるアルコールの分解をオルニチンがサポートする為、二日酔い予防となります。
また、疲労の元となるアンモニアの解毒も行いますので、疲労回復効果も期待できます。

しじみに含まれるオルニチンの効果とは


オルニチンとは、からだの中でも作られている遊離アミノ酸の一種です。
血液の中に溶け込んで体の中を巡りながら、アミノ酸の役割を補うはたらきをしています。

オルニチンは、肝臓でその効果を発揮し、回復させることができる存在として注目されています。
私たちの体は、疲労がたまるとアンモニアが増加するようになっています。
アンモニアは脳を動かすグルコースのはたらきを阻害するため、一定量を超えると危険な状態を招きかねません。
そこで、アンモニアを尿素に変える肝臓のはたらきをオルニチンがサポートすることによって、より効率的に機能を果たすことができるのです。
つまり、この作用によって疲れが軽減する というわけです。

オルニチンの肝機能改善効果

しじみは「生きた肝臓薬」という別名で呼ばれるほど、肝機能を修復したり活性化する栄養成分を含んでいます。
具体的には肝機能を支えて正常に保つメチオニンや、脂肪の代謝を助けて脂肪肝の進行を予防するビタミンB2、B12、消化吸収を助ける必須アミノ酸のバランスがとれた良質なたんぱく質、グリコーゲンなどを含んでいるなどが挙げられます。

中でもしじみに含まれる代表成分とも言ってよいオルニチンは、肝臓でオルニチンサイクルという尿素回路によってはたらいて、からだの中の有害なアンモニアを尿素に変えて体外に排出します。
アンモニアは体内のエネルギー生産を低下させたり、神経伝達を低下させるため、分解することで疲労回復にも効果を示し、代謝や解毒作用を担っている肝臓への負担も軽減すると考えられます。

このように、小さなしじみに含まれている豊富な栄養素は、私たちの肝臓をサポートする強力なパワーを秘めているといっても過言ではありません。
ただし、慢性肝炎や肝硬変の診断を受けた場合には摂取を控えるように指導があることもあるので注意が必要です。

体の健康につながる「オルニチンサイクル」って何?

オルニチンサイクルとは、オルニチン回路や尿路回路とも呼ばれ、肝臓の細胞内で行われるアンモニアを分解する回路のことです。

お酒を飲んだあと、体内でアルコールを分解する必要がありますが、その際にアンモニアという成分が発生します。
このアンモニアは、疲労の原因物質のひとつとも言われており、体にとって必要なエネルギーの生成も邪魔してしまう、有害物質なのです。

オルニチンサイクルの働きによって、このアンモニアが無毒な尿素へと変換されることで肝臓は機能を保つことができています。
それと同時にオルニチンも再生され、再びオルニチンサイクルの中へと入っていくことでオルニチンサイクルは活発に働くのです。

またオルニチンサイクルは、細胞の中のミトコンドリア内にある「TCAサイクル」という回路の働きにも影響を与えます。
TCAサイクルとは、私たちが元気に活動するために必要なエネルギーの生産をする働きを行う重要な回路ですが、アンモニアはこのTCAサイクルを阻害し、ミトコンドリア内の酸化還元バランスを崩してしまうため、エネルギーの生産の環境を悪くするということが分かっています。

よってオルニチンサイクルが正常に働いていることで、疲労につながるアンモニアの解毒がスムーズになり、肝臓が活性化し、ひいては体の健康につながると言うことなのです。

オルニチンのアルコールへの効果


オルニチンの認知度を高めたのはアルコールの分解力です。

ビールなどのアルコールを飲むと、そのアルコールは肝臓で分解されるため、通常は、身体にほぼ悪い影響を及ぼさないでしょう。
しかし、もともとお酒が弱い方や、お酒が強い方でも飲み過ぎることで、翌朝、身体がだるくなったり、
二日酔いになったりしてしまいと、肝臓に大きな負担をかけてしまうことがあるでしょう。

そんな時、オルニチンを摂取していると肝臓に作用して、スムーズにアルコールが分解できるようにはたらきかけ、二日酔いによる症状を解消します。

アルコールは、肝臓で分解されると、毒素のあるアンモニアに変わります。
そして、このアルコールとオルニチンが反応を起こすことで、毒性のない尿素に変わることができるのです。
ですので、オルニチンを摂ってあげることで、肝臓のアルコール分解の働きを大きくサポートし肝臓の負担を大きく軽減することができるでしょう。

オルニチンの美肌効果


しじみに含まれているオルニチンというと、肝臓の働きを良くして疲れをとってくれるというイメージが強いですよね。
そのため、お酒をのむお父さんたちの強い味方!というイメージがあります。
でも、実は女性の美容にとっても嬉しい効果があるんですよ。

オルニチンは、睡眠中に分泌される成長ホルモンが増加するという作用を持っています。
成長ホルモンというと、思春期の子供の成長に関係しているホルモンだと思われるかもしれませんが、実は大人になってからも成長ホルモンは分泌しています。
しかし、年をとるとともに減少していってしまいます。

成長ホルモンは代謝をコントロールするため、血行を良くしてくれたり、肌の新陳代謝を活発にしたりします。
そのため、お肌が若返り、ハリや弾力がよみがえります。
成長ホルモンは美しい肌を目指すには欠かせない存在なんですね。
減少してしまうのなら、なんとかその分泌を促したいものですよね。

そんな風に成長ホルモンの分泌を促進するオルニチンを摂取するため、しじみを積極的に摂る人も増えているんですよ。
「美肌のためにしじみを食べる」 なんてことがこれからの美容維持の常識になりそうですね。

しじみのダイエット効果

ダイエットを経験したことがある人の多くは、食事制限や運動などを継続することで精神的に追い込まれてしまってリバウンドを起こしてしまったということはありませんか?
また、さまざまなメディアで取り上げられているダイエット効果があるといわれる食品の効果を試してみたことがある方もいるでしょう。
その中で、しじみにダイエット効果があるということを聞いたことはありませんか?

しじみは必須アミノ酸というたんぱく質を多く含有しています。
この必須アミノ酸を摂取すると、脳内でセロトニンという物質が分泌されて満腹感を高める効果があるといわれています。
つまり、しじみを積極的に摂取することで、食べ過ぎを予防することができるのです。

また、シジミに含まれるサポニンやカルニチンは脂質代謝を活発にして痩せやすいからだづくりをサポートし、水分代謝を促進して水太りを改善するとされています。
そして何といってもしじみは100グラム当たり13キロカロリーと低カロリーなのもダイエットをサポートする強力な味方となりえる理由なのです。
食生活にしじみをプラスして無理なくダイエットできるのであれば、長続きしそうですね。

1日に必要なオルニチンの量


1日に必要なオルニチンの摂取量の目安は500~1000㎎であるといわれていまが
これを食事から摂取するのは大変困難な量です。

ただ、こうした摂取量は厳密に決まっているわけではなく、体質などによって個人差があります。

過剰に摂取するのはよくありませんので自分の体の状態と相談しながら、
1000㎎前後を目安に加減してはいかがでしょうか。

オルニチンサプリはいつ摂取するのがべスト?


病院で処方される内服薬や市販の薬には、服用するタイミングを指示されることがほとんどですが、オルニチンのようなサプリメントには具体的な指示はありません。
つまり、どの時間に服用してもそれは個人の自由だということですが、本当にそうでしょうか?

実は、サプリメントの服用タイミングは服用する本人がどのような効果を期待しているのかというところがポイントとなります。

オルニチンの場合は、成長ホルモンの分泌を促進させる効果があるため、就寝前に服用するのが良いという意見があります。
これによって朝の目覚めのスッキリに効果があると考えられています。

もしも、あなたがアルコールの分解をサポートしたいときには飲酒の直後に服用することがベストです。
それによってオルニチンがアルコールの解毒をサポートして、翌日にお酒が残りにくい状態に導いてくれます。

また、脂肪燃焼や筋肉質ボディを目指したいのであれば運動前後の服用がお勧めです。
運動前の服用は脂肪燃焼に効果があり、運動後であれば筋肉の修復のサポートをしてくれます。

いずれにしても続けることがポイントとなることは言うまでもありません。
あなたはどのタイミングで服用しますか?

ウコンとオルニチンの肝臓への効果の違い


二日酔いに効果があるものとしてシジミと同じくらい多くの人が知っているのはウコンではないでしょうか?

ドラッグストアやコンビニのドリンクコーナーにも当然のように並んでいるウコンドリンクの数々。

ウコンとしじみは、肝臓への働きかけはどのように違うのでしょうか?

科学的にその効果が証明されているのはオルニチンです。

肝臓の機能をサポートするオルニチンサイクルを活性化させてアルコールの分解にはたらきかけるということは有名な話です。

一方、ウコンにはアルコールの分解速度を早めるはたらきがあるとされながらも、臨床試験がほとんど行われていないことから科学的根拠は立証されていません。

また、動物実験で抗用量のウコンを投与したところ、肝機能障害がみられたという報告もあります。ただし、同じ実験において人では同様の報告はなかったとされています。

確実に効果を得たいのであれば、科学的根拠によって証明されたオルニチンを選ぶ方が良いのではないか?と思いますが、みなさんならどちらを選びますか?