喫煙したから100%癌になる訳じゃない、自分は大丈夫だろう・・と癌という命を失うリスクが高い病気に対しても、どこか他人事な喫煙者

なぜか?ニコチンの中毒性が病気のリスクより吸いたい欲望を優先させているからでしょう。

癌にでさえ安易にとらえているのであれば血糖値が高いくらいでタバコを止めようと決意する方は少ないかもしれませんが・・・

タバコがもたらす血管劣化

たばこは言わずと知れた100害です。
喫煙がもたらす血管への害は、一服吸うごとに血管の頻繁な萎縮がもたらす血管の劣化が動脈硬化をもたらし、高血圧をもたらします。

これは、タバコに含まれているニコチンをはじめとする有害物質には血管を収縮させる作用があり、血液の流れを悪くするからです。

血糖値が高いとただでさえ劣化している血管がタバコを一服する度にキュッと血管が縮み戻る訳ですから、動脈硬化を加速させる原因になります。

さらに、喫煙による血行不良は血液によって全身に運ばれるはずの酸素や栄養分が届かなくなってしまいます。
それがインスリン分泌(血糖値を正常に保つ働きをするホルモン)を行うランゲルハンス島の機能低下に繋がります。

ランゲルハンス島が正常に働かなくなるということは、インスリンの分泌を低下させるということにつながり血糖値の上昇を招いてしまうことになるのです。

以上のことから、糖尿病や糖尿病予備軍の方は即禁煙!と医師から告げられるのです。

血糖値が高い人はたばこの副流煙にも注意


タバコの煙は喫煙者が吸い込む主流煙と、タバコの先から出る副流煙に分けられます。

空気で薄まるとは言え、喫煙者と一緒にいるだけで周りにいる非喫煙者も副流煙を吸い込んでしまいます
このことを受動喫煙と言います

煙の中には血管を収縮させ血液の流れを悪くしたり、胃酸の分泌を促進させて十二指腸潰瘍や胃潰瘍を引き起こす原因ともなってしまうニコチンや多くの種類の発がん性物質を含むタール

体を酸欠状態にしてしまい動脈硬化や狭心症、心筋梗塞などの心臓病の原因にもなってしまう一酸化炭素など人体に影響を及ぼす有害化学物質が含まれています。

ですから、糖尿病の方は副流煙にも気をつけましょう!!

血糖値が高いだけで血管を劣化させている


血糖値を下げることと、禁煙は一見関係ないように見えます。
ですから、血糖値を下げる段階で禁煙の重要性を医者に言われるまではよくわかってない方が多いです。

しかし、血糖値と禁煙は密接に関わっています。

そもそも、血糖値が高いと膵臓も劣化しますが、血管も劣化します。

膵臓の劣化が進むと糖尿病を発症し、血管の劣化がすすむと心筋梗塞や脳梗塞を発症します。
さらに、糖尿病が悪化すると、血管劣化が加速し心筋梗塞や脳梗塞の発症に加え、神経障害や壊死という合併症がおこるのです。

つまり、糖尿病は膵臓と血管の2つに多大の被害をもたらす病気なのです。

タバコは止めらないけど血糖値を下げることを始めたいなら