自己注射が認めらているインスリン注射ですが、糖尿病を患う方の治療法の一つです。

インスリン注射と言っても数種類あり、患者の症状に合わせて薬剤が変わってきます。

インスリン療法の目的


健康な人であれば、インスリンは膵臓から分泌されますが、糖尿病を患うとインスリンの分泌が低下しますので、膵臓で作られにくくなった(または作られなくなった)インスリンの代わりに外部からインスリンを注射で注入し適正な血糖値に保つ事がインスリン療法です。

よって、患者のインスリンがどのくらい分泌されているのかにより、どの薬剤を選ぶのかが分かれてきます。

インスリン製剤の種類

インスリンは基礎分泌追加分泌に分かれます。

基礎分泌は空腹時に分泌されるインスリンの分泌量になり、追加分泌は食事をするとさらに多くのインスリンが必要となるので追加して分泌します。

よって、薬剤にも基礎を補うのか追加を補うのかで薬剤が変わってきます。

基礎分泌を補うインスリン製剤は中間型と持続型と言われます。

追加分泌を補うインスリン製剤は超速効型、速効型と言われます。

基礎分泌、追加分泌を同時に賄うタイプを混合型があります。

これだけ見ると混合型インスリンが理想的に見えますが、食事をする時間やライフスタイルが規則的な方には向いていますが、変動的なライフスタイルの場合、見極めが難しくなり高血糖のリスクや低血糖のリスクが高まり、かなり調整が難しいインスリン薬剤です。

インスリン注射により注意すべきこと

インスリン療法を開始したら、血糖値の変動に気をつけなければなりません。

インスリンを補うタイミングを間違えてしまうと、低血糖を起こすことがありますので注意しなければなりません。

そのため、インスリン製剤を選ぶ時は、病状ももちろん重要ですが、ライフスタイルも考慮する必要があります。

インスリン注射をやめて良いほど改善することはあるの?

残念ならがら1型糖尿病はインスリンの分泌が非常に低下しているか全くインスリンが出ない状態ないので、インスリン療法は必須になります。

しかし、2型糖尿病ではインスリン療法を行うほど重度の患者の方でも血糖コントロールの状況次第では飲み薬の血糖降下薬での治療に変更できる可能性もあります。