病気になった時、病名の多くはそれぞれ臓器の名前がついています。
心筋梗塞であれば心臓の病気、脳卒中であれば脳の病気、腎不全であれば腎臓の病気というように、その原因が臓器ごとにあると思われていました。

しかし50年ほど前から、血管が不健康であれば、血管がつながっている臓器も不健康であるから病気にかかるつまり、病気の原因の多くが血管にあることが分かってきたのです。

血管の役割

血液は、全身の臓器に栄養や酸素を供給し、不要になった物を回収し排泄させるという大事な役割を担っています。

その血液の流れを司っているのが血管です。
血管が老化してしまうと、血液の流れが悪くなり、各臓器に悪影響を及ぼしてしまいます。

また血液の中に含まれる物質が固まってしまい、血管壁にこびりついてしまいます。
これをプラークと言います。

プラークが大きくなるにつれ、血液の流れるスペースが狭くなり、血流が悪くなるだけでなく、そのプラークが血流ではがされ、細い血管に詰まる可能性もあります。

こうなると、その先の臓器に酸素が行き届かなくなり、突然死のリスクを高めてしまうのです。
健康寿命を延ばすには、まず丈夫な血管を作ることから始める必要があります。

丈夫な血管の重要性

血管は全身に栄養と酸素送り、不要になものを回収する重要な通り道です。

そんな血管もほかの器官と同様に老化します。

老化が進むと血管は弾力性を失い、血圧は高くなります。

また血管が切れたり詰まったりして、心筋梗塞や動脈硬化を引き起こす原因となるのです。

血管の老化は年齢的なものもありますので止めることはできませんが、進み具合はある程度コントロールすることができます。

というのも、血管が老化する主な原因は不摂生な生活習慣にあるからです。

バランスの悪い食生活、運動不足、喫煙などで血管年齢は実年齢よりも老いている可能性も大きいのです。

丈夫な血管を作るのに決して遅いということはありません。

まずは丈夫な血管を作るための生活習慣に見直しましょう。

血管が若ければ、体に老廃物が溜め込まれず、隅々まで酸素や栄養が運ばれます。

免疫力がアップし、腸内環境が整い、肌はつやつや、体の健康だけでなく美容にもよい効果をもたらします。

最近では病院のエコーや血圧脈波検査で血管年齢を測定することができますので、機会があれば調べてみてはいかがでしょうか。

肥満がもたらす血管の劣化と病気

日頃の食習慣と、滅多に体を動かさない生活の組み合わせが、肥満をつくる理由になります。

肥満は体に余分な脂肪がついてしまった状態です。
特に下腹部が大きくせり出しているような肥満体型は、腹腔や、腸管のような内臓の近くに集中して脂肪が溜まっている証拠で、高血圧や高血糖に密接に関わっており、生活習慣病を起こしやすくなります。

本来脂肪は生命を維持するのに必要な栄養の貯蔵庫ですが運動量が少ない生活をしていると、食事から得たエネルギーを1日では使い切れずに、体内に脂肪として貯め込むようになります。

肥満の状態が続いてしまと血管内にコレステロールがたまり、脳梗塞や心筋梗塞などの重大な病気を引き起こす可能性が高くなります。

肥満解消には食事と運動によって体重を管理することが大切

体重を減らすには、まず肥満について知り、肥満対策の重要性を理解することですが、そのためにはまずなぜ肥満になったかを把握しましょう。
できれば炭水化物は食べ過ぎないようにして、それ以外の食材を用いた食事をとることです。
ご飯、パスタ、パンといった主食はどれも炭水化物であり、摂取した後は糖質となり、まさに肥満の原因となる成分です。

健康を保つためには炭水化物がある程度は必要ですので、ダイエット中だからといって一切の炭水化物を食べないというやり方は決してよくはありません。

肥満の解消を目指す時でも、カロリー制限のやり過ぎは体にとってよくありませんので、栄養バランスのいい食事にすることです。食事習慣を改善したら、あとは毎日の運動をしっかり続けることで、消費カロリーを増やしましょう。

積極的に体を動かせば、体脂肪の燃焼を促進できますので、階段昇降やジョギング、ウォーキングなどで体を使ってみてください。

運動のしすぎは寿命を短くする?

運動をすることは、身体機能を活性化させ、体力向上につながります。
また、消費エネルギーを増やすことで、内臓脂肪を減らし、生活習慣病予防にも効果的です。
だからといって、運動のしすぎは逆効果です。

動物の心拍数と寿命を調べたところ、寿命が短い動物は心拍数が早く、寿命が長い動物は心拍数が遅いというデータがあります。

この結果を裏付けるかのように、心臓に負担をかけるプロスポーツプレーヤーやオリンピック選手は、相対的にあまり長寿にならないということがわかっています。

これは心拍数の問題だけでなく、ハードな練習で筋肉を鍛えるために、体にとて有害な活性酸素を受けやすいという見解もあるのです。

活性酸素は細胞を酸化させてしまい、血管を老化させてしまう有害物質です。
動脈硬化を引き起こし、生活習慣病を引き起こす原因物質なのです。
このようなことから、あまり激しい運動は決して健康によいとは言えないのです。
体に負担をかけすぎない 心拍数が上がりすぎない軽めの運動を長時間続けることが生活習慣病予防には効果的なのです。

デトックスで健康的にダイエット

体重が増える理由は脂肪の増加のほか、老廃物や不要の水分の蓄積も関わっています。
排出され切れない老廃物が腸に残っていると、外から見た時に腹周りが膨らんで見えます。

また大腸の老廃物は腸壁から吸収されて、血管によって全身を流れるようになるので、お腹だけでなく全身が老廃物で膨らみやすくなるのです。

身体に残っている老廃物を追い出して、余分なものがない状態になれれば、結果的にダイエットにもなるでしょう。

そのため多くの人が、ダイエットのためにデトックスに力を入れています。デトックスの基本は、体内に残っている不要な成分を除去することです。

デトックスに適した成分に、野菜から多く摂取できる食物繊維があります。
野菜や果物に多い食物繊維は便の体積を増やし、体外に出ていきやすい状態にして、腸内環境を改善してくれます。

そして野菜に含まれるミネラルには、便を軟らかくしたり、大腸の働きを高めたりする力があるのです。

デトックスによるダイエットには、肥満解消効果だけでなく、肥満防止効果もあります。

高血圧がもたらす血管の劣化と病気

血管が硬く、脆くなる原因の一つが高血圧です。
だから、人間ドックや、会社の健診で高血圧の診断が出た場合、血圧を下げる取組が必要です。

高血圧の状態が続くと動脈硬化の症状が進み、毛細血管だけでなく太い血管や重要な血管まで硬くなると、心筋梗塞や、脳梗塞等のリスクが上がるからです。

すでに動脈硬化が始まり高血圧をもたらしている場合はマグネシウムを積極に摂取するのもおすすめです。
マグネシウムは血管を緩め、血液の流れをスムーズにするため血圧を下げる働きがあるからです。

しかし、これも一時しのぎでしあかりません。
基本的には高血圧の原因をしっかり改善するのが適正な血圧を維持する秘訣です。

高血圧の原因を知る

高血圧の原因は塩分摂取の過剰が原因と長らく言われてきましたが、塩分の影響より脂質や糖質や喫煙や肥満など生活習慣病が原因である方が多く占めることがわかってきました。

外見だけでは内臓脂肪の有無がわかない場合は、家庭用の体脂肪計も販売されていますので測ってみましょう。
内臓脂肪の値が高く高血圧であれば原因は生活習慣ですし、内臓脂肪の値が低ければ、塩分摂取量に問題がある可能性があります。

内臓脂肪が原因の場合

内臓脂肪が高い場合、遺伝的に内臓脂肪を溜め込みやすい体質の人でも、運動量が多い人は、脂肪は消費されていくので内臓には溜まりにくい傾向があります。

運動が苦手だという方も一日に数十分を目安にウォーキングを続けることで、内臓脂肪の燃焼効率を高め代謝アップを目指したます。
大事なことは、日々の習慣にして実践し、継続することで内臓脂肪を燃焼させることです。

塩分の場合

高血圧の原因が塩分である場合は減塩を主眼においた食事を用意しましょう、特に和風の食事は、塩分の使用量が多いという注意点があります。
漬け物をたくさん食べたり、醤油や味噌味のものばかりつくっていると、塩分は多くなりがちなので減塩を心がけましょう。

それでも体のむくみや血圧の改善ができない場合は、身体に必要なカリウムが十分に補えていないのかもしれません。
塩分に含まれているナトリウムを、カリウムが除去するので塩分の取り過ぎを防ぐ効果があります。
カリウムの多い食事をすることで、ナトリウムを体外に排出し、むくみや高血圧の予防ができます。
なので緑黄色野菜や柑橘系の果物やバナナなどに、カリウムが多く含まれている食材を積極的に食べましょう。

肝臓劣化と血管の劣化の負の連鎖

全身を張り巡らせている血管を使って運ばれる血液は栄養も運びますが、毒素も運びます。

体内で作られた毒素も体外から侵入した毒素も血液が運んでいくのは解毒作用を一手に引き受けている肝臓です。

よって、肝臓の働きが悪ければ、毒素の分解は行われず、肝臓に溜まり続けるか、そのまま血液に乗って再び全身を巡ります。

つまり、肝臓の働きが悪いと、どんどん血管が劣化していき、働きが悪いとわかっていながら血液は肝臓に毒素を届け続きます。

これが、血管劣化と肝臓劣化の負の連鎖につながります。

血管劣化と肝臓劣化を同時に止められるのは、肝臓をいたわる栄養分を摂取しつつ、毒素を減らすことです。

肝臓にとっての毒は過剰の脂肪・糖分・アルコールです。
これらを控えることで肝臓を休ませてあげられます。

また、これらが原因でドロドロになった血液をさらさらにしてくれる効果が期待される成分である抗酸化効果があるポリフェノールを積極的に摂取するの血管劣化を抑制します。

ポリフェノールを摂取して、体の老化の原因となっている活性酸素の量を減らすことで、血管のアンチエイジングの効果が期待できるのです。