血管劣化を進行させないためには、尿酸値の上昇を防がなくてはなりません。
尿酸値が上昇するということは、血液中の尿酸が多くなることです。
尿酸の量が増加した血液は、血液がドロドロになった状態で、血管壁に炎症が起こって血管が傷つきやすくなるのです。
そもそも尿酸とは、細胞の燃えカスとも言われ、細胞に含まれるプリン体という物質が、肝臓で代謝される過程で発生される老廃物です。
本来は腎臓でろ過され、尿として排出されるのですが、内臓脂肪が蓄積されると腎臓の働きが低下し、血液中の尿酸値がきちんと排出されずに残ってしまいます。
これを高尿酸血症といいます。
この状態を放置していると、尿酸が尿酸ナトリウムという針状の結晶となり体の組織を蓄積されます。
主に関節に蓄積され、そして炎症を起こし激しい痛みを生じるのです。
これが風が吹いただけでも痛いと言われる痛風という発作です。
尿酸値の上昇は血管劣化の要因になるだけでなく、痛風発作の引き金にもなりますので、基準値を超えないように気をつける生活習慣を心がけましょう。