増えすぎた脂質は血管の内側にどんどん蓄積されていき、動脈硬化を引き起こしてしまいます。
そしてこの動脈硬化が、心筋梗塞や脳梗塞といった重大な病気を引き起こしてしまうのです。
そんな動脈硬化に有効な成分がEPA/DHAと言われています。

DHA/EPAの動脈硬化予防効果

コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、
悪玉コレステロールが過剰に増えると、動脈硬化の原因になってしまいます。
悪玉コレステロールは、血液の通り道を塞ぐ血栓をつくる原因になるのです。

DHA/EPAは悪玉コレステロールを減らしてくれる働きがあります。
また、 血管に沈着した悪玉コレステロールを回収して、
善玉コレステロールを増やしてくれる効果もあります。
つまり、余分なコレステロールを排除でき、血栓もできにくくなるのです。

このような、DHA/EPAの血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する働きが、
血管の劣化を防げるため、動脈硬化になりにくくなるのです。

DHA/EPAは、アジ・サンマ・イワシ・サバなどの青魚に多く含まれていますので、
日頃の食生活で取り入れてみてはいかがでしょうか。

DHA/EPAとは

脂質を形成している脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。
飽和脂肪酸は常温で固まるのが特徴で、摂りすぎると動脈硬化などの
原因になってしまいます。
不飽和脂肪酸とは、体内で生成することのできない必須脂肪酸の一つで、
脂肪酸の中でも健康によいとされる脂肪酸です。

不飽和脂肪酸の一種に「DHA」や「EPA」があります。
DHAは「ドコサヘキサエン酸」、EPAは「エイコサペンタエン酸」といい、
アジ・イワシ・サバ・サンマなどの青魚に多く含まれる多価不飽和脂肪酸です。

DHA/EPAには、中性脂肪を減らし血液をサラサラにする効果があります。
しかし、DHA/EPAは体内で合成できない必須脂肪酸であるため、
食事やサプリメントなどから摂取しなければなりません。

善玉コレステロールのHDLコレステロールを増やして動脈硬化を予防

HDLコレステロールとは善玉コレステロールのことで、血液中の余分なコレステロールや
血管の内側に溜まってしまったコレステロールを回収して肝臓まで運ぶ働きをしています。

この働きをうまく行うことができていないと心筋梗塞や脳卒中の原因となる動脈硬化が発生するリスクが高くなることから、
HDLコレステロールは健康維持において、非常に重要な働きを担っているといえるでしょう。
では、どのようなことに心掛ければHDLコレステロールを増やすことができるのでしょうか。

それは食生活の見直しと適度な運動を行うこととされています。
食べ過ぎや脂分や糖分を多く含んだ食生活はエネルギーとして消費されずに体内で中性脂肪となってしまいます。
野菜を中心とした食物繊維を食事の最初に摂るようにして、よく噛むことや1日3食の食事を心掛けるようにしましょう。

また、中性脂肪をエネルギーとして消費するには有酸素運動が効果的とされており、
まずはウォーキングなどの軽めの運動からスタートして無理のない程度で続けていくことが大切です。

さらには喫煙はHDLコレステロールを減らしてしまう作用があるため、お勧めすることはできません。

エネルギーの過剰摂取が招く動脈硬化

昔の日本の食生活は、日本人に合った栄養バランスのとれた内容でしたが、
近年食の欧米化により、栄養収支のバランスの悪さが大きな問題となっています。
実際に、食生活の変化により日本人の肥満や生活習慣病が増加しています。

好きなものばかりを食べるなど偏った食生活を続けていると、エネルギーの過剰摂取に繋がります。
食事から摂取した過剰エネルギーは、中性脂肪となり体内の脂肪組織に蓄えてしまいます。
その結果、血液中の中性脂肪やコレステロールも増加し、脂質異常症を引き起こしてしまいます。

しかし、エネルギーの過剰摂取による疾患は、脂質異常症だけではありません。
糖尿病や高血圧・脂肪肝などの生活習慣病を発病しやすくなります。
またこれらの疾患は動脈硬化を進行させ、より恐ろしい動脈硬化性疾患を引き起こすこととなります。

肥満度のチェックで動脈硬化を予防

「肥満」とは単に体重が多いということではなく。
体脂肪が過剰に蓄積した状態をいいます。
よって体重が軽くても、見た目が細い人でも、脂肪の割合が多ければ肥満ということになります。
一般的に男性なら体脂肪が25%以上、女性なら30%以上が肥満であると言われています。
しかし、体脂肪は水分の摂取量や発汗量などによって変動しやすく、正確に測定するのは難しいため、
体格指数のBMI(Body mass index)により、肥満の判定が行われています。
BMIは、WHO(世界保健機構)で提案され、国際的に成人の肥満の判定をするのに使われています。
乳幼児や学童児の肥満基準には当てはまりません。

BMIの計算式はBMI=体重÷(身長×身長)で、
18.5未満→低体重
18.5~25未満→普通体重
25~30未満→肥満度1
30~35未満→肥満度2
35~40未満→肥満度3
40以上→肥満度4
と判定されます。

標準値は22で、この数字が高血圧や肝臓病などの有病率が最も低い健康的な数値と
されています。

1日に必要な摂取エネルギーの計算式
基礎代謝量(kcal)×標準体重(kg)×身体活動レベル指数=1日の摂取エネルギー(kcal)

毎日の健康を維持する為にも、1日に必要な摂取エネルギーを把握しておきましょう。

動脈硬化が招く病気

動脈硬化とは、動脈の壁が厚く硬くなったりすることで本来の構造が壊れ、
血液の流れが悪くなる症状を言います。

動脈硬化にも種類がありますが、
一番代表的なのが「アテローム性動脈硬化」といわれるものです。
粥腫(プラーク)と呼ばれるものが血管の壁に作られ、
動脈の内腔側に盛り上がってきます。

これが長い間に少しずつ隆起することで組織が増えて固くなり、血液を流れにくくしてしまいます。

動脈硬化が進行すると、血管が詰まりやすくなるため、
脳梗塞や脳出血を引き起こす可能性が高くなります。
脳梗塞と脳出血をまとめて「脳卒中」といい、卒中を起こした部位によって症状は異なり、
ろれつが回らない・手足の麻痺・半身のしびれ・意識障害などの、
重度の障害をかかえてしまうことになります。

他にも、動脈硬化によって冠動脈の動脈硬化が進んで血管の内腔が狭くなり血流量が減ると、
心臓は酸素不足になり「狭心症」を起こします。
さらに、冠動脈の一部の血流が血栓で完全に詰まった状態が「心筋梗塞」です。

心筋梗塞は死亡率も高く恐ろしい病気です。
狭心症・心筋梗塞を防ぐためには、その原因となっている動脈硬化を予防することが重要です。