脂質異常症とは、血液中の脂質のバランスが崩れている状態のことです。

現在では、脂質異常症ではなく、高脂血症と呼ばれるようになっています。

高脂血症症には3タイプあり、LDLコレステロール値が140㎎/dl以上であれば高LDLコレステロール血症、HDLコレステロール値が40㎎/dl未満の場合は低HDLコレステロール血症、中性脂肪値が150㎎/dl以上の場合は高中性脂肪血症と診断されます。

どのタイプにしても放置すると、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患、脳梗塞などのリスクが高まります。

本当は怖い高脂血症


高脂血症は特に症状が出る訳でもなく死亡の直接的原因でもありません。

しかし、日本人の死因第一はガン第二位は心疾患、第三位が脳血管疾患となっていますが、実は第二位の心疾患三位の脳疾患ともに病気の原因に関係しているのが高脂血症です。

高脂血症が血管が破裂しやすくなる、詰まりやすくなる動脈硬化をもたらす大きな要因だからです。

今後も高脂血症が直接的な死亡名として上位に来ることはないでしょう、しかし、血管破裂を伴う死亡原因の要因として高脂血症が消える事はありません。

血管劣化を加速させる高脂血症


人間は加齢により必ず血管は劣化し動脈硬化をもたらします。

しかし、高脂血症だと血管の動脈硬化は加速します

これは、高脂血症が脂質プラークという血管壁内にコブを作ること、脂質プラークに血管内膜が細くなり高血圧をもたらします。

高血圧は動脈硬化をもたらすので、高脂血症による動脈硬化は負のスパイルに陥ります。

高脂血症の検査方法


高脂血症の診断は、空腹時の血液検査で総コレステロール・LDLコレステロール・HDLコレステロール・中性脂肪の値を調べます。

さらに、問診による診断も行われます。

内容は高脂血症を起こしやすい病気にかかってないか?を知るために、糖尿病、腎臓病、甲状腺機能下症・クッシング症候群の有無が問われます。

狭心症・脳梗塞・心筋梗塞の発症の有無や動脈硬化症と診断されたことがないか?現在、服用中の薬の有無、特に降圧剤・ホルモン薬・免疫抑制剤の服用の有無をチェックします。

基本的に高脂血症により症状が出るケースは少ないのですが、高脂血症により脳梗塞・狭心症のリスクは高まるため手足のしびれや胸の痛みがないか?などの予兆をカウンセリングします。

高脂血症は生活習慣と大きく関わってくる病気なので、喫煙・飲酒・仕事の内容(デスクワークが力仕事か?)ストレス・睡眠についてのカウンセリングも行われます。

さらに、遺伝性の脂質異常症もあるため家族の病例について聞かれ、血液検査の結果とカウンセリングの内容から、総合的に高脂血症の診断が行われます。

高脂血症の原因


高脂血症を招く原因は遺伝性の高脂血症二次性高脂血症があります。

原因により治療法は異なりますが、遺伝的な要素で起こる原発性高脂血症の中でも家族性高コレステロール血症は先天的にLDLの処理機構の遺伝子の一部に異常があるため専門医のいる病院で早期に治療を開始するのが重要です。

家族性高コレステロール血症は小児の頃から治療を開始すべきで20歳で心筋梗塞に襲われる場合も容易にある遺伝性の病気です。

二次性高脂血症は生活習慣が原因の場合他の病気の治療薬による影響で高脂血症になっている場合あり、投薬が影響する場合は、かかりつけの医師との相談が必要になります。

高脂血症の治療の進め方


高脂血症の治療の目的は、脳梗塞や心筋梗塞など血管劣化がもたらす重篤な病気を防ぐことです。

よって、高脂血症の治療は完治ではなく、目標値までコレステロール値を下げるのがメインになります。
ただ、初期の段階でコレステロールの値を薬で下げるのは簡単ですが、基本的な解決にならないため、高脂血症の治療は食事や運動による生活習慣の改善になってきます。

よって、治療開始3か月~6か月は生活習慣の改善で行い、それでも十分な効果が出ず目標値まで下がらない場合、薬を使っての治療になります。

ただ、薬を使うか否かは患者の状態によって異なり、危険因子が少ない患者に対してはなるべく薬を使わず、生活習慣の改善で治療を勧める医師もいます。

しかし、危険因子を複数持っている患者の場合、3か月ほどですぐ薬での治療を行うケースもあります。

生活習慣による二次性高脂血症を改善するには?

生活習慣病を改善する上で大切な食生活の面では、適正な摂取エネルギー量を守り、コレステロールを増やす食品を控えます。
過剰飲酒は控え、適正体重を目指しましょう。

運動面では有酸素運動を毎日行うことが、脂質異常症の改善につながります。
有酸素運動は、脂肪や糖を効率よく消費してくれますので、ややきついと感じる程度の有酸素運動を一日30分以上行うことを目標とすると良いでしょう。

遺伝性高脂血症と治療


遺伝的な要因で発症する高脂血症を遺伝性高脂血症といいます。

遺伝性高脂血症には家族性高コレステロール家族性Ⅲ型高脂血症があります。
その中で比較的日本人に多く見られるのが、家族性高コレステロール血症です。

両親からコレステロール代謝の異常が起こる遺伝子を受け継いでいるタイプをホモ接合タイプと言い、コレステロールの運搬に関わるLDL受容体が体内に全く存在しません。

また両親の一方から異常な遺伝子を受け継いでいるタイプをヘテロ接合タイプと言い、LDL受容体が正常な人の半分ほどしか働きません。

よって、血液中のLDLコレステロールがうまく細胞の中に取り込まれず、コレステロールや中性脂肪が血液中に過剰に増えてしまうのです。

治療法は、ホモ結合タイプの場合、人工透析のように血液を体外に循環させ、LDLを吸着する装置に通して体内に戻すLDLアフェレシスという方法を行うことがほとんどです。

ヘテロ結合タイプは薬物療法が用いられます。
遺伝性の脂質異常症は中高年の生活習慣が引き金に発症することケースもあります。
よって遺伝性であっても、食事や運動を中心とする生活習慣の改善が重要です。

危険因子を減らす治療


高脂血症治療の新しいガイドラインには、コレステロールの値による投薬の開始等の線引きはありません。
これは薬での治療より生活習慣の改善による治療を優先するという動きからです。

また動脈硬化による冠動脈疾患は、高脂血症だけが原因でなくその他の要因(リスク)が加わり、さらに発症率が上がるため、コレステロール値を定めないことで、より多くの患者さんを動脈疾患を発症する前に治療するという動きになっています。

その他の要因として危険視されているのが、糖尿病・高血圧・喫煙・低HDLコレステロール血症です。

糖尿病


糖尿病を患った場合、高脂血症を合併しやすい傾向があり、合併すると冠動脈疾患を発症する危険リスクが跳ね上がります。

糖尿病の血液はインスリン不足により血糖値が高いだけでなく、コレステロールの質を変化させます。
これは、インスリンの働きが悪いため血管壁にコレステロールが付着しやすくなる、LDLが酸化しやすくなる、LDLが小型化するという3つのLDLの質の悪化をもたらし、動脈硬化を加速させる原因をもたらします。

よって糖尿病を伴う高脂血症の場合、食事・運動による治療はより脂質の厳格に行われ管理を徹底する事で、動脈硬化の進行を抑える必要があります。

高血圧


血管の内膜にかかる圧力が高い状態を高血圧といいます。
高脂血症が原因で起こる高血圧は、血中に増えすぎたLDLコレステロールが動脈壁に入り変性LDLとなります。

一方で、LDLが血中に増えると内膜が傷つきやすくなり傷ついた血管壁に白血球が集まってきます。
集まった白血球は動脈壁に入り異物や老廃物を取り込みマクロファージに変化するのですが、その時、動脈壁の中に入り込んだ変性LDLもマクロファージが取り込み、このマクロファージは脂肪をため込んだ状態でが粉末細胞にかわります。
その粉末細胞は脂質プラークとなり、動脈壁を押し上げるため、血管内が狭くなり動脈硬化をもたらします。

血液の通り道が狭くなった血管は血管に圧力がかかるため血圧があがります。

血圧があがるとさらにプラークはできやすくなり高脂血症がもたらす高血圧はどんどんと悪循環を繰り返し続けます。

喫煙


高脂血症の状態の喫煙者は、血中に増えすぎているLDLがタバコの化学反応によりLDLコレステロールの酸化をもたらし、プラークの増産を促します。

タバコに含まれるニコチンにより、血管の収縮が行われ1服するごとに血圧の急上昇急下降が行われます。

さらに、コレステロールの増産を促す働きがあるため高脂血症を悪化させます。

又、タバコに含まれる一酸化炭素が血管壁を傷つけ血栓の増産を促すため、様々な面から血管の劣化をもたらします。

喫煙本数と冠動脈疾患の関連性も証明され、まさに喫煙は命を縮める1服と言えるでしょう。

低HDLコレステロール血症


HDLコレステロールは不要なコレステロールやプラークを回収して肝臓に送る働きをします。
よってHDLコレステロールは動脈硬化を抑える働きをするのですが、HDLコレステロールの働きがよくないと高脂血症の状態に陥ります。

HDLコレステロールは適度な運動により働きが改善されます。

肥満

どこからどこまでが肥満という線引きを考えずに、太っている人は肥満という印象を抱く人が少なくありません。
医療の分野でいう肥満とは、ある程度以上の脂肪を体に蓄えている状態のことです。

肥満は、体重が多いこととイコールではありません。
筋肉が多くて体重があっても肥満ではありません。
決定的な要素にはなりませんが、体重があることは肥満である可能性もありますので、ないがしろにはできません。

肥満体型かどうかを大まかに知る手段として、身長と体重に基づいて算出ができるBMIを計算するというものがあります。
BMIの計算はされほど難しくはなく、身長と体重があればわかります。
身長を二乗し、22をかけ合わせることで、大まかな自分の標準体型を計算することが可能です
計算が容易であるという利点がある反面、BMIは身長と体重からでしか算出しない数字なので、臓器の働きまでは確認していません。
同じBMIでも、全身に筋肉がバランスよくついている人と、体脂肪率が高い人とでは、身体のコンディションはまるで違うものになります。
カロリー過多な食事をしていたり、運動をしない生活を送っていると、BMIは標準でも脂肪がつきすぎていることがあります。

肥満は、客観的な数字を計測することで、認識することが可能になります。
適度な運動をすることや、規則正しい食習慣を維持すること、食べ過ぎを未然に防ぐことなどが、肥満対策と健康増進には必要です。
糖尿病予防には体重管理が重要になっていきます。
食生活と体重管理をする習慣をつけておくと良いでしょう。

メタボリックシンドローム

健康状態を長く保っていたければ、メタボ対策をしっかり実行することが必要です。
そもそもメタボとはどんなものかを知ることが、メタボ対策には役立ちます。

血圧や血糖が高く、かつ、内臓脂肪量が多いために肥満体型である人のことを、メタボリック症候群という名称で呼びます。
生活習慣病を予防するためにも、もしもメタボと診断されたら、早期に対策を立てておくことが重要になります。
メタボと診断された方の年間の医療費は健康的な方と比べて高くなっているという報告もあり、大きな社会問題となっています。

メタボになりやすい人は、中高年の男性です。仕事が一番忙しい時期で、食事改善や健康維持がおろそかになりやすく、体にとってよくない生活をしている人もいます。
肉体労働をする機会がほとんどなくなり、カロリー過多の食事をしていると、あっという間にメタボになります。
具体的なメタボ対策としては、食事内容の見直しや、運動の習慣づけ、規則正しい生活リズムへの移行などが重要になってきます。
消費カロリーとのバランスを考えながら適切なカロリーの食事をすることや、栄養の偏りがないようにメニューに気を配ることもメタボ対策では大事です。
メタボ対策効果が高い運動といえば、ジョギングや、ウォーキングなどの有酸素運動なので、ぜひ実践してみてください。

メタボから糖尿病などの生活習慣病になってしまうと、それこそ厳しい食事制限を強いられることになります。
メタボ対策として、栄養バランスのとれた食事や、運動量を増やすことは、肥満を解消するだけでなく、健康増進効果も得られますので、 可能な範囲でトライしてみてください。