高脂血症になったからと言って苦痛が強い症状が出るという訳ではありません。

ただ、高脂血症になると死亡するかもしれない重篤な病のリスクが高まるから怖いのです。

その一つが高脂血症による血栓発症リスクです。

血栓とは?


血栓は悪者のイメージがありますが、本来は、血管にできた傷を修復するための物なので、血栓ができるからこそ血管に傷ができたり破れたりしても大量に出血することなく血が止まるのです。

そして、血を止めるためにできた血栓は血管の内側にできるかさぶたのようなものです。

健康な血液だと、血栓が大きくならないように、プラスミンという酵素が血栓を溶かすように分泌されます。
ですから、血栓がはがれとしても大きな血栓ではないのです。

しかし、高脂血症を発症した血管となると話は別です。

高脂血症を発症した血管は動脈硬化を起こしています。

血栓を溶かすプラスミンは血管の内側で作られているのですが、動脈硬化をおこすとプラスミンを作るTPAという物質が作られにくくなるためプラスミンの生産が追い付かず、血栓が大きいまま剥がれてしまうのです。

しかも、動脈硬化をおこした血管は狭くなり詰まりやすくなってるうえに、しなやかさが失われ硬くなっている動脈硬化になった血管は傷がつきやすく、その結果、血栓ができやすくなっています。

そんな血管の中で血栓が剥がれ血管の中を流れだし時、脳で血栓が血管を詰まらせると脳梗塞心臓で詰まると心筋梗塞をもたらします。

血栓ができたからと言って症状が出るわけでもなく、血管の内側にあり目で見ることができない血栓は、いつおおきな血栓がはがれ、血管を詰まらせるか予測できません。

ですから、高脂血症になった場合、目に見えない血栓という時限爆弾をもっているかもしれない、しかも、スイッチはいつ入るかわからないという状態と背中合わせで生活している状態なのです。

血栓を溶かす成分


目に見えない血栓を溶かす成分があることをご存じですか?

長年、私たち日本人に親しまれてきた身近でしかも安い食品『納豆』です。
この納豆には女性ホルモンと似た働きをする「イソフラボン」が含まれており、健康食品として男女問わず重宝されています。

それだけでなく、納豆を作る発酵の過程で生ずるネバネバ部分に、ナットウキナーゼというタンパク質分解酵素が含まれていることが分かりました。

このナットウキナーゼはフィブリン(血栓の素となるタンパク質)を分解する働きがあり、血液をサラサラする効果があるとしてEPAなどと共に、 注目されています。

尚、ナットウキナーゼは納豆菌によって作られるため、納豆特有の成分ですので、大豆やほかの大豆食品には含まれておりません。
納豆のネバネバこそが健康成分の宝庫だったのです。

ナットウキナーゼの摂取量


日本ナットウキナーゼ協会が推奨するナットウキナーゼの1日の摂取量は2,000FU(FUとは血栓を溶かすナットウキナーゼの活性の状態を示す単位)です。

では私たちが普段食べている納豆にはどのくらいナットウキナーゼが含まれているのでしょうか。

市販されている1パック(50g)の納豆にはナットウキナーゼが約1,500FU含まれています。
そのため、2,000FUを満たすためには1日に納豆1~2パック食べるとよいとされています。

しかしどんな納豆を食べてもいいかというとそうではありません。
効率良く摂取する為には以下のことに気を付けてください。

・納豆が新鮮であること
・熱が加えらていないこと
・品質の良い納豆であること
・納豆は夕食後や寝る前に食べる
・納豆は毎日継続して食べる。

物によっては、ナットウキナーゼが平均以下しか含まれてない物もあります。
品質が良いものを新鮮なうちに食べるようにしましょう。

また、血栓は深夜から早朝にかけて出来やすいとされていますので就寝前に食べることをお勧めします。

すぐに効果が出るものではありませんので、納豆を摂る習慣をつけることが大事ですね。

ナットウキナーゼの心筋梗塞予防効果


心筋梗塞は、心臓に栄養分や酸素を送っている冠動脈血管の血流をふさいでしまうくらいの原因に大きな血栓が剥がれ冠動脈血管が破裂してしまう事で、心臓に血液が届かなくなります。
このまま放置しておくと40分程度で心筋は壊死、死亡に至る怖い病気です。

しかも、この病気の恐ろしいことが、いつ血栓が剥がれるかわからない事、大きな血栓が剥がれても詰まらない場合もあれば詰まる場合もあり、詰まった時には死亡に至るケースもあるということです。

だから、大きな血栓を作らない事が心筋梗塞の予防につながるので、血栓を溶かすナットウキナーゼが心筋梗塞の予防になると言われています。

ナットウキナーゼの脳梗塞の予防効果

脳梗塞というのは、脳の血管が詰まったりすることで脳の中の血の巡りが悪くなり、脳の中が酸素や栄養不足になってしまうことで、脳の組織が壊死してしまう状態のことを言います。

だから、高血圧や糖尿病などの生活習慣病などで血液がドロドロの人ですと脳梗塞になるリスクが高い傾向があります。

そんな脳梗塞には納豆を食べのが予防につながります。
なぜなら納豆のねばねばした部分にたくさん含まれている成分ナットウキナーゼが血栓ができる原因であるフィブリンやたんぱく質を分解する効果があるからです。

ナットウキナーゼの生活習慣病の予防効果

納豆に含まれているナットウキナーゼは、血栓を溶かしやすくしたり、血液をサラサラにする効果から動脈硬化や血圧の改善をサポートすることが知られています。
しかし、その効果はこれだけに留まらず、私たちの健康を多方面からサポートしているということを知っていますか?

戦後、洋食文化の広まりにより日本人の食生活は大きく変化しました。
魚や野菜中心だった食卓は、肉や揚げ物、炒め物など高カロリーになり、食物繊維の摂取量も減少しています。
これにより広まった問題が生活習慣病です。高血圧や高脂血症、糖尿病や肥満といった症状が見えづらい症状は、将来的に重篤な症状を招くカウントダウンだといわれています。

ある研究においては生活習慣病を招く90%ほどが活性酸素が多く発生しているためだというのです。

ナットウキナーゼには抗酸化作用があるとされており、からだの内側を正常な状態に導く作用をもたらすことができると考えられます。
また、世界中でナットウキナーゼほどの効果を持つ発酵食品はないとも言われており、長寿大国の日本において生まれた食品だということも、健康を維持させているという結果だといえるでしょう。

ナットウキナーゼとエコノミー症候群への効果


納豆のねばねば部分に含まれるナットウキナーゼにはエコノミー症候群の予防効果があります。

そもそもエコノミー症候群とは飛行機で起きる病気というわけではなく、飛行機のエコノミークラスの中のようなあまり動くことができない狭いところで発生する症状なんです。

車に長時間乗っていても起こることもあります。このような狭いところで長時間同じ姿勢で座り続けていると足に圧迫感を長時間受けることになり、この周りの血液の流れが停滞してしまって血栓が発生して血管を詰まらせてしまうという症状がエコノミー症候群です。

これから長時間のフライトだったり、車で長旅に出るなんて時はその前にナットウキナーゼを摂ることで血栓ができにくい状態にしておくとエコノミー症候群になる確率が大幅に減るということです。

ナットウキナーゼ体験談
「コレステロール」・・・嫌な言葉です。

年齢とともにポッコリお腹が目立つようになり、血糖値もコレステロール値も高いため、本気で数値を下げたいと強く思うようになりました。

そこで、私がやったことは、 まずは食べ物を変えなければと思ったのですがコレステロールを下げるのに有効とされている食品の中には、私が好んで食べるものが少ない・・
コレステロールを下げる食品で好きなのはブロッコリーくらいです。
納豆も青魚も嫌いなんで、困ってしまいました。

しかも身体を動かすのも 若いころからあまり運動は得意ではありませんでしたので、妻が10年ほど前にウォーキングマシンを購入していたので再び稼働することに
「ランニング」でなくて「ウォーキング」なのがミソで、速足で1回につき15分?20分ほど身体を動かします。
テレビを観ながら、音楽を聴きながらできるので、とても重宝しています。

ということで、安易だといわれそうサプリメントで対応することにしました。
ちょうど、CMでナットウキナーゼ協会のCMをやっておりCMのフレーズで【私の父は脳梗塞で亡くなり・・】と石田純一が言っていたこともありナットウキナーゼサプリを選びました。

納豆臭さなどなく、飲みやすい小粒タイプで気に入ってます。


市の検査で肝機能の数値が悪いことが分かって以来、コレステロールにも気をつけるようにしています。

まず、油のものはなるべく控える。
お肉類を食べることが多いのですが、家での食事でも、外食でも、 唐揚げや焼き肉はできるだけ少なくし、しゃぶしゃぶを選ぶようにしています。
朝か夜に、ヨーグルトも積極的に取り入れます、便秘改善にもなるからです。また、味の濃いものが好きですが、

なるべく薄味とし、オムライスやハンバーグの時にも、以前はたっぷりかけていたケチャップやソースは少なめに、お肉は タレをたっぷりでなく、塩で食べる、生野菜も、マヨネーズやドレッシングは極力控え、そのまま食べるようにしています。

どうしても味のほしい時には、オリーブオイルを基調に、手作り(といっても、調味料を混ぜるだけですが)のドレッシングをかけていましたが・・・

あまりにストイックに短期間でやったため挫折
結局、好きなものは美味しく食べたいという気持ちが強く、ナットウキナーゼサプリを飲むことで、ストイックな食生活から脱出しながらもコレステロールを減らすことにしました。

ナットウキナーゼサプリを飲み安心していますが、運動も必要だろうと思い
以前は車で行っていた買い物も、あまり無理のない距離なら自転車を利用しています。

高脂血症はトリプルで体を蝕む

高脂血症は血液の中のコレステロールが多い状態なので血液がドロドロしています。

血液がドロドロだと血圧が上がります。
ドロドロの血液は血管を傷つけやすくなります。
血圧が上がると血管にかかる圧力が上がり血管劣化につながります。

これらが2重で血管の老化を促進し動脈硬化をもたらします。

そして、動脈硬化になった血管は血栓のリスクを高めます。

つまり、トリプルで体を蝕むサイレントキラーと言えます。

この血栓を溶かすという効果が高いナットウキナーゼは、すでに血液がドロドロである、コレステロールが高い方や血糖値が高い方には積極的に摂取して欲しい成分です。

ビタミンK2と血液凝固の関係

ビタミンには数種類のものがあります。
私たちが耳慣れたビタミンといえば、ビタミンCやB、Aが一般的ですがビタミンKは野菜や海藻に含まれているビタミンK1と、微生物が産出するビタミンK2に分けることができます。
最近の研究では、わが国の伝統食品である納豆に含まれているビタミンK2は世界の食品の中で最も高い含有量であり、栄養価が高いということがわかってきました。

ビタミンKの主な作用は、血液を固まらせるというものであり、出血を止めるためには不可欠な成分です。
しかし、過去には血液をドロドロにしたり、血栓を発生しやすくする悪しきビタミンであるというネガティブな説がありました。

ところが、研究によって出血していないときには、血液がスムーズに流れることをサポートして血液が固まることを防ぐ働きをすることがわかりました。
つまり、状況に応じて血液凝固と血液を凝固させないように働きかけるという相反する2つの役割を担っているというわけです。